きずな国際特許事務所

重要判例
スタッフ紹介
中国知財関連
事務所のご案内 スタッフのご紹介 知財研究 お問い合わせ
  TOP >ご挨拶

ご挨拶

 
所長 和田成則

平成27年元旦

  ご 挨 拶

きずな国際特許事務所
所長
弁理士  和田成則

 弊所は1966年10月和田特許事務所として創業、2012年緑の丘特許事務所と合併、同年2月より「きずな国際特許事務所」として業務を開始いたしました。
 弊所は事務所創業以来「感謝」「誠意」「チャレンジ」を経営理念とし、「高品質のサービスを提供すること」を経営方針として業務に邁進して参りましたが、その精神は今も脈々と継続しております。
 ところで、特許庁はこの度特許法等の一部改正を行い、原則本年4月1日から施行されることになりましたが、改正の背景は国際的なハーモナイズのもと、特許法、意匠法、商標法等が一部改正されたもので、改正の概要は弊所ホームページをご覧下さい。

      弊所は長年にわたる実務経験等を通じて、次のような特徴を有するものであります。

                         記

  1. 弊所は自動車用内装部品、真空ポンプ等の半導体製造装置,工作機械等の機械、情報通信・情報処理、スイッチ等の電気・電子、FA制御・磁気軸受け装置等の制御技術、プラスチック、潤滑剤、食品等の化学関係の技術分野を得意としております。
  2. 弊所はアメリカ カナダ ブラジル メキシコ等の北米・南米、ドイツ 英国 イタリア スイス ロシア等のEP,中国 韓国 インド フィリッピン等のアジア、オーストラリア等のオセアニア等現在約50ケ国とネットワークを構築しております。 また、最近UAE(アラブ首長国連邦) パキスタンともネットワークを構築することになりました。
  3. 弊所は通常の内・外国商標出願のほか、マドプロ商標出願、欧州共同体商標(CTM)について豊富な知識と実績を有しております。 弊所の名称である「きずな」は「絆」を意味しますが、この「絆」は「夫婦の絆」「親子の絆」「社会との絆」などと称されているように人と人との連携関係が密であって、かつ相互信頼が深いことを意味しておりますが、私ども「きずな国際特許事務所」が皆様に信頼され、かつ愛されるような事務所を目指したいと念願しているものであります。 今後とも何卒よろしくご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。