きずな国際特許事務所

重要判例
スタッフ紹介
中国知財関連
事務所のご案内 スタッフのご紹介 知財研究 お問い合わせ
  TOPコラムトップ

 アプリ特許の紹介


コラム

アプリ特許の紹介

 「アプリ」は「APP」と略称されることがありますが、正式名称は「アプリケーションソフトウエア」で、通常「ソフト」「ソフトウエア」と称されております。  「アプリ」の代表はなんと言っても「アップル社」ですが、その創業者であり、カリスマ経営者といわれたスティ−ブ・ジョブス氏が56歳の若さでなくなりました。  同氏は「アプリ」というソフト開発で世界を席巻し、巨万の富を築きましたが、その源泉は「アプリ」で、「アプリ」なくしてコンピュータは動きません。  弊所でも「アプリ」「ソフト」関係の特許出願業務を行っておりますが、我国特許法においても「アプリ」「ソフト」関係の発明は特許法により保護されており、より詳細には「コンピュータソフトウエア関連発明」の審査基準に従って審査され、その審査基準に適合すれば特許権を取得できます。  弊所が取り扱った「アプリ特許」の一例を下記にご紹介致します。

1.特許第4825238号(PDF/60KB)

  1. 発明の名称:2次元模様の3次元変換装置
  2. この発明は写真、絵画、布地、衣料品等における濃淡の模様を、その濃淡の程度を3次元の形状に変換して、ビジュアルに、明瞭に認識しやすく2次元模様の3次元変換装置に関するものであります。

2.特許第4192380号(PDF/84KB)

  1. 発明の名称:PLCシミュレータ装置及びシミュレータするためのプログラムとこれが記録された記録媒体
  2. この発明はタスクから構成されるPLCプログラムのシミュレーションを行うPLCシミュレータ装置及びシミュレーションするためのプログラムが記録媒体に関するもので、より詳細にはPLCプログラムを構成するタスクのうち割り込みタスクのシミュレーションを可能にしたPLCシミュレータ装置及びシミュレーションするためのプログラムが記録された記録媒体に関するものであります。

3.特許第4316650号(PDF/203KB)

  1. 発明の名称:海中通信システム
  2. この発明は海中におけるxDSL通信など、海中での高速データ通信の実現に好適な海中通信システムに関するものであります。

4.特許第3560325号(PDF/119KB)

  1. 発明の名称:携帯電話機を用いた学習システムおよび携帯電話機を用いた学習プログラムを記憶した記録媒体
  2. この発明は英会話等の学習を任意の場所で効率よく行うことができるようにした携帯電話機を用いた学習システムおよび携帯電話機を用いた学習プログラムを記憶した記憶媒体に関するものであります。

5.特許第3548911号(PDF/60KB)

  1. 発明の名称:プロトコルアナライザー、トリガ検地装置、トリガ検地のためのプログラムが記録された記録媒体及びボード
  2. この発明はプロトコルアナライザーを利用してネットワークを流れるフレームが予め設定された所定のトリガ検地条件に合致するか否かを判別するプロトコルアナライザー、トリガ検地装置、トリガ検地のためのプログラムが記録された記録媒体及びボードに関するものであります。
(担当  弁理士 和田 成則)